FC2ブログ

別海バター・じゃが-Trip North/Day8

rausustretch.jpeg

露天風呂が効いたのか4時まで寝た。
初めて自分の開脚前屈を撮って貰う。

羅臼から野付半島、全長約26キロ
日本最大の砂嘴サシ。どこまで続く?
するとログのネイチャーセンター。
国後島まで16km。トドワラとは
トドの生息地ではなく、地盤沈下
(年に1.5cm)で塩水に浸かり立
ち枯れたとど松林のことだった。白い
亡霊?晴れたらバードウオッチングも。
日本一周ステッカー軽自動車など数台。

bekkaibutter.jpeg

30年前の記憶、ジャガバター。
バター(別海町の生協で)と
キタアカリで再現。うまあい。

kusharobaga.jpeg

今回は、屈斜路湖畔の「砂を掘ると
温泉」から離れた、規則だらけの、
キャンプ場のバンガロー。椅子を
並べ湖水に映る山並みを眺める。
摩周国立公園を夕闇が包んでいく


羅臼の露天風呂-Trip North/Day7

shiretokokannkosen.jpeg

知床観光船でウトロ~知床岬往復。
パパがサンスクリーンを息子と娘
に塗ってやってた。ママは身重?

TVで紹介してた「クマを叱る漁師」
の番屋はあそこかな?森繁久弥の、
コヨイコ♪ソキミヲダキシメント♪
熱唱が波音とともに心に沁みるっ!

rausudake.jpeg

ウトロから知床横断道路で羅臼へ。
途中の知床峠から羅臼岳見上げる。
30年前テントを張ったキャンプ場
と熊ノ湯(無料)まで行ってみた。

minenoyuroten.jpeg

急遽(バンガロー止め)前日予約した
宿はこじんまり。露天独り占め最高!
なにしろ広い浴場だと、片麻痺には
危険(滑る。掴むとこなし)が一杯。

4時まで寝てカモメの声、ストレッチ。


タンデムに挑戦-Trip North/Day6

tandemsaroma.jpeg

サロマ湖とオホーツク海に挟まれた砂州
ワッカ原生花園を二人乗り自転車で走る
麻痺足がペダルを離れ、戻すタイミング
を往復10㌔漕いで習得?爽快。湧水旨し!

kitanoarupumuse.jpeg

網走から斜里町。「山のパンセ」を読んで、
訪ねたかった「北のアルプ美術館」に寄る。
串田孫一の書斎復元。山下康一の山岳墨絵
展。花壇が見える窓辺で冷たい麦茶を頂く。

shiretokodeer.jpeg

知床半島に入ると、さっそくエゾシカ。
30年前の旅では「カムイワッカ湯の滝」
や「知床五湖」を歩いた。もっともK君
の日記には「お母さんは、道を間違えて
一湖を見ませんでした」と。そうだっけ?

サロマ湖-Trip North/Day5

sounkyoucoffee.jpeg

層雲峡から東海岸・オホーツクをめざす。
石狩川を幾度も渡る。なんで?大雪山系
の石狩岳が源で、「イ・シカラ・ペツ」
アイヌ語で非常に曲がりくねった川だと。
モンシロチョウ乱舞、ぶつかっちゃうよ!

yubetsushokudo.jpeg

湧別町の食堂でもコロナ対策。ホームセンターで
寝床の硬さを和らげる?小さなマットを買い足す

yakiniku.jpeg

サロマ湖畔のバンガロー。Aコープで買った
アスパラ、ジューシー。玉葱と肉と炒める。

ブログの更新とメールチェックは今のところ
Jさんのスマホを借りて繋げているけれど。


大雪山連峰・黒岳-Trip North/Day4

kurodaketreil.jpeg

平茸・トマト・オイルサーディンを
玉子とじ。半分を缶詰のパンと朝。
半分をクロワッサン(皮パリじゃない)
と弁当に。

6:20ロープウェイで五合目(1,300m)
少し歩いてリフトで七合目(1,520m)。

ゴロゴロ岩(斜長石安山岩)の急登に
苦戦。岩を削り、角材打ち込み、道は
よく手入れされている。花畑も礼文島
ほどではないが、トリカブト、ウコン
ウツギ、トカチフウロ……。

kurodake8goume.jpeg

が、九合目(1,830m)の手前で、Jさん
ようやく叱咤激励止め、山頂1984m
へ向かい、私は八合目へと下り、待つ。

二人とも疲労困憊、温泉とコンビニに寄り、
帰ってエスプレッソ。パソコンに画像取り
込む。ビール、サラダ小袋色々(添加物に
は目をつぶる)、そうめん。早々に寝袋
に入る。金曜、キャンプ場平均年令下がる