上高地の玄関・釜トンネル-Autumn Colors/Kamikochi

hotelbreakfast.jpg

つい欲張ってしまう、朝食バイキング。こりゃ、昼抜きだぁ。
8:30 出発。北陸道で黒部IC〜富山IC。平湯経由で松本IC。

kamikouchifoliage.jpg

コーヨーにはちょっと早かったかな、と安房峠を越えていく。
すると、あー、おー、さすがのカミコウチの秋!絶頂だった。

2:30am/13.2℃(21.1℃ IN)
●上高地の「沢渡sawando」は、シャトルバスに乗り換える
 マイカーでごった返してた。あ〜、ここに車駐めたね、と。
●土砂降りの河口湖、いつものスーパーで買い物。帰宅。3:40.
●夕ごはんは
 富山のます寿司(有磯海Arisoumi SAで)
 サラダ(O油・バルサミコ酢・梅酢・トマト・ラディッシュ・
     セロリ・チーズ・黒胡椒・舞茸)
 味噌汁(あさり・出汁味噌)
 草・豆大福(神通川ジンヅウガワ沿い41号の道の駅「細入hosoiri」で)
●ブログの画面構成に問題があるが、上部の日付をクリックすると
 正常に戻ることが判明。FC2ブログに問い合わせ中。

===== facebook.jpeg陶芸工房 & ギャラリー======

黒部峡谷・トロッコ列車-Kurobe Gorge, Northern Alps

torokkotrain.jpg

朝5時半、土砂降りの河口湖だが、きっと、と念じてたら
「白馬Hakuba」あたりで青空が見え始めた。ウソみたい!
安曇野〜下道、糸魚川〜黒部まで自動車道〜宇奈月10:30

片道1時間20分、トロッコは発電施設の保守・工事作業員
輸送用でもあり、ヘルメット姿が大勢働いていた。さぶっ!

hitokuiiwa.jpg

黒部峡谷鉄道は台湾の阿里山森林鉄路と姉妹提携をしてると
いう。それもなつかしいが、こんな「人喰い岩(花崗岩?)」の
風景はまるで大理石の太魯閣渓谷(花蓮県)そっくりだぁっ!

daimonjisou.jpg

終点の欅平keyakidairaで、1時間ほど散策。と、河原に降りる
階段脇の石垣に、コケやシダに混じって、あ〜、これじゃない
かなぁ、「大文字草」 こんなに小さいのね、会いたかったよぉ

真鶴半島・石の浜-Manazuru Peninsula

manazuru.jpg

箱根を越えて、海へ行った。熱海と小田原のあいだに
箱根火山の溶岩が3キロほど相模灘に突き出している
小松石(安山岩)の話は聞いてたが、はじめてだった
原生林(クロマツ、クスノキやスダジイ)を抜け、潮騒を聴いた

Seeing the sea in summer is something we can't miss!

3:00am/19.3℃(23.2℃ IN)
●途中の「湯河原パークウェイ」は、倒木で閉鎖されてた。
●朝8時出発。いつものスーパーで一週間の買い物。帰宅4時。
●庭のベルガモットが蕾をつけてない。日照不足?チョット淋しい。
●夕ごはんは(by J)
 コロッケ・千切りキャベツ・トマト
 ごはん
 しじみ味噌汁

===== facebook.jpeg陶芸工房 & ギャラリー======

山形・朝のごっつぉ-Breakfast, Yamagata

wakamatuyabreak.jpg

旅の最後の朝ごはん。なんでも、「まごはやさしい」食生活らしい。
め(豆類)、ま(種実類)かめ(海藻類)さい(緑黄・根菜)
かな(魚介類)いたけ(きのこ類)も(いも類)ゴチソウサマデシタ。

3:30am/21.6℃(24.4℃ IN)
●さぁ、おうちに帰ろう!蔵王から河口湖に戻り、
 いつものスーパーで、いつもの買い物。浴衣姿
 いっぱい。今夜は湖上祭の花火。夏も終わりか?

===== facebook.jpeg陶芸工房 & ギャラリー======

月山・弥陀ヶ原湿原から鳥海山-Hiking With Views 

midagahar1.jpg

「ばかだねぇ」 といわれて気がついた。一番歩きたかった「湿原」は
宿と反対の「北側」八合目だった。夢が先行してうっかり。運転手さん、
ゴメンナサイ。弥陀ヶ原を教えてくれたMさんは、月山越えをしたんだって!

midagahara2.jpg

なだらかな湿原の散策路一周(2.2km)。爽やか!あ〜、鳥海山カッコイイ
庄内平野の田の緑延々。ユックリ・ユックリ。帰り道、羽黒山神社。私は手すり
のない石段は遠慮して、五重塔へは行かず、杉の巨木の下で涼んでた。